薬を飲んで4年弱。
僕の髪の毛はとりあえず元気です。

ハゲにスカルプDは有名だけどハゲにプロペシア・ミノキシジルは一般的に知られていない?

スカルプDは効果はともかく、髪の毛が薄い人にとって誰もが注目しているシャンプーです。

先日、職場の同僚たちと話しているときに「どんなシャンプーを使っているか」という話題になりまして、薄毛の先輩社員がスカルプDのシャンプーとコンディショナーを使っていると知りました。

その方は、スカルプDの利用以外は、これといった育毛活動はしていないということでした。当然頭髪は薄いままです。

そんな先輩にある違う先輩が「どんな感じ?」と質問していて、それに対する答えが「現状維持はできている感じ」でした。もしかしたら効果は出ているのかもしれませんが、スカルプDはどれだけあがいても頭皮を清潔に保つ程度の効果しか期待できないため、育毛や発毛を助ける役目を担うことはできたとしても、発毛に直接アプローチすることはできないはずです。

11代目のスカルプDのキャッチコピーは「スカルプD遺伝に立ち向かう。」ですが、シャンプー単体で発毛したらそれはもう凄いことです。3,900円という高額なシャンプーだとしても飛ぶように売れるでしょうね。

スカルプDの販売元であるアンファーは、シャンプーだけに留まらず、スカルプDまつげ・スカルプDボーテ・スカルプDメカノバイオなどなど、さまざまな商品を展開しています。

男性女性それぞれが抱える「健康に関する悩み」にアプローチする数々の製品を開発・販売しているアンファーの勢いはこれからも加速していきそうです。

 

この会話のなかでAGA治療のためのプロペシアやミノキシジルタブレットの話題はひとつも出なかったので、おそらくみんな本格的な内服治療については知らないのでしょう。

ちなみに、僕は会話のメンツのなかでは髪の毛は「普通」と認識されていて、AGAのための薬を飲んでいることは公表していません(笑)

AGAGAさんの『薄毛・抜け毛治療は病院で-AGA克服日記-』が垢BAN

AGAブログの老舗といえばAGAGAさんの『薄毛・抜け毛治療は病院で-AGA克服日記-』で、これまで多くの方々が自力でフィンペシアやフィナステリドを購入する際の見本となっていました。

※別サイトで活動中です→ 40歳からのAGA克服日記

ご自身の経過報告から、様々な薄毛・抜け毛対策などに関するアイテムのレビューなど、AGAにかんする様々な情報を発信していたブログでした。長年FC2という無料ブログで運営されていて、記事の内容にもなんら問題はなかったはずなのに、先日突然アカウントを凍結されてしまったようです。

なにやらレジットスクリプトなる団体が、ここ最近オオサカ堂に圧力をかけたりと輸入代行の薬品購入に待ったをかけているようなんです。

厚生労働省との契約を締結しているような話もあるらしく、なにやら大きなうねりが僕たちの見えないところで動いているような気がしてなりません。

レジットスクリプトでは、不正な医薬品オンライン販売サイトを監視する組織らしく、海外からの医薬品を輸入代行している業者や、それらのアフィリエイトで広告を掲載しているブログなどを次々とアカウント停止に向けて活動しているようです。

自分に合った用法用量でフィンペシアやミノタブを服用している、日本国内のAGAで悩む人たちにとって、こういう活動はちょっと勘弁してもらいたいところです。

圧力をかけるなら、このような薬剤を安価で国内で購入できるように働きかけてもらいたいところなんですが・・・。

レジットスクリプトの活動は以前からも話題になっていたようなのですが、僕はAGAGAさんのサイトが閉鎖されるまで全然知りませんでした。

もしオオサカ堂などでAGAの治療薬剤が購入できなくなってしまった場合、再び高額なヘアークリニックに薬の処方のためだけに受診しなければならなくなるのでしょうか。不正を正す活動も結構ですが、庶民の助けになるような活動に力を入れて欲しいと思う今日この頃です。

念のために薬を買いだめしておこうかな・・・。

育毛・発毛・植毛

抜け毛や髪の毛の量が気になってきたときに、僕たち男性は何らかの策を講じます。

薄毛にはそれぞれ段階があって、その時々に応じた対策があるようです。

育毛段階

気になるレベルの人はサクセスなどの育毛剤や、スカルプDなどのシャンプーなどで育毛を意識しだします。

日々の生活習慣などが原因で頭皮の皮脂が多くなってしまったり、毛穴に汚れが詰まってしまったりと頭皮が不潔な状態が続いたことによる抜け毛であれば、スカルプDなどの育毛系シャンプーでしっかり汚れを落とすことで改善するかもしれません。

ただAGA(男性型脱毛症)になってしまった場合は、育毛だけやっていても抜け毛は収まらず薄毛はどんどん進行していきます。ここから目に見えたハゲになる前にいかに治療を開始するかが、現状復帰・現状維持していく重要なポイントです。

発毛段階

AGAになってしまったら、どれだけ効果な育毛剤やシャンプーを使っても無意味です。

あれこれ試して時間とお金を浪費する前に、しかるべきクリニックなどで診療してもらって、AGA治療の薬を処方してもらいましょう。

フィンペシアやミノキシジルタブレットを飲めば、薄毛の進行を抑えることができますし、すでに抜け落ちてしまった髪の毛が復活するかもしれません(毛根が残っている場合)。治療の開始はできるだけ早い方がいいですし、上記の薬は最初のうちは自分で取り寄せるよりも、クリニックで医師の診断を受けた上で処方してもらうのがベストです。

血液検査などで体への影響がないかをしっかり確認した上で薬を飲むようにした方が、副作用や健康被害などにあうリスクは軽減されるでしょう。

植毛段階

AGA治療でも進行が収まらず、どうにもならない状況になってしまったとき、それでもハゲを受け入れることを断固として拒絶する!という方は植毛への道を選ぶことになるでしょう。

オープンに公表している有名人では、サッカー選手のルーニーが有名です。

AGA治療の薬は継続的に購入して服用するとはいえ、費用はたかが知れています。しかし、植毛に関してはそれなりの費用負担を覚悟しておく必要があるでしょう。また、植毛の施術を終えた後の頭皮は「それを行ったと一目でわかる状態」であるため、サラリーマンの方にとってはバレずに植毛するのは結構難しい気がします。

 

僕は現在発毛段階で、AGA治療のための薬を毎日服用することで症状を抑えています。

それでも加齢とともにハゲは徐々に進行しています。

できることなら年相応の髪の毛でいれたらいいなとは思いますが、こればかりはなんとも言えません。

もしこのままハゲていっても植毛はおそらくすることはないと思いますが、こればっかりは実際にそういう状況になってみないと分からないでしょうね。

ハゲのコンビ「トレンディエンジェル」がM-1グランプリ2015を制覇!

2015年12月6日にテレビ朝日系列で生放送で行われたM-1グランプリ2015で、敗者復活戦から本戦に出場したハゲのコンビ「トレンディエンジェル」があれよあれよと決勝にコマを進めて、そのまま優勝してしまいました。

敗者復活戦からの優勝はサンドウィッチマンに次いで2組目でした。

お笑いコンビのトレンディエンジェルとは

トレンディエンジェルは「たかし」と「斎藤司」からなるダブルハゲのコンビで、自身のハゲネタを織り交ぜつつスピーディーなボケとツッコミが売りです。見た目にかなりインパクトがあるので、ネタはともかくルックスはいちど見たら忘れない、というか忘れられないと思います。

「たかし」は29歳、「斎藤司」は36歳ということですから、どちらもれっきとしたAGAなんでしょう。

どちらもかなり年季の入ったハゲっぷりで、おでこ周辺は結構ツルッと逝ってしまっているので、もしフィナステリドとミノキシジルを内服で服用しても、発毛効果が期待できるか微妙なところですよね。

斎藤さんの頭頂部はそれなりに改善するとは思いますが。

髪の毛が生えたら仕事が減りそう

ただ、このコンビの場合はハゲが売りのひとつでもあるので、生やしたくても生やせないのが悩みの種かもしれません。

とにかく明るい安村が痩せたら仕事にならないように、トレンディエンジェルは髪の毛が生えたらハゲネタを封印しなければなりません。そう考えると体の特徴を活かしたネタをやっている芸人さんって色々と大変なんですね。

何はともあれ5年ぶりのM-1グランプリで、敗者復活戦から見事に優勝したトレンディエンジェルはAGAの星です。

来年の正月特番はふたりのハゲネタをたくさん見ることができると思うと今から楽しみです。

トレンディエンジェルの漫才動画

開き直ったハゲはカッコイイ

世の中にはハゲたイケメンなるジャンルがあって、特に海外の映画俳優などに多く見られます。

そういう人たちは、もはや自身の薄毛を気にすることもなく、開き直っていてカッコイイです。

ハゲているのにお金もあって女性にモテて・・・。

髪の毛を生やして維持するために必死に薬を飲んでいる自分がなんだか物凄くカッコ悪いような気がしてきて憂鬱になります。

自分に自信を持っている人というのは髪の毛があろうがなかろうが、あまり関係がないのかもしれませんね。

そんなわけで、僕が一目置いている(何様だ)ハゲセレブをご紹介したいと思います。

(さらに…)

ミノキシジルタブレットは飲むカツラである

ハゲはカッコ悪い。

ハゲを隠すのはもっとカッコ悪い。

隠しているつもりでバレバレなのはさらにカッコ悪い。

(さらに…)

最強の育毛成分ミノキシジルと体毛の話

育毛界のリーサルウェポンといえばミノキシジルですが、育毛剤に成分として含まれたものを塗って使うか、錠剤になっているもの(通称ミノタブ)を飲むのかに分かれます。

ミノキシジルの成分が含まれた育毛剤は、毎回毎回必要な箇所に塗り込む作業があり面倒です。いつ塗るかによって髪の毛のセットにも影響が出てきますから、いろいろと手間がかかります。

AGAの治療においては、フィナステリドの成分が含まれた錠剤で症状の進行を抑えつつ、ミノキシジルの成分が含まれた錠剤を服用して発毛を加速させるのが一般的です。一方の飲むタイプは、決められた時間に飲むだけなので、非常に楽です。

ただ、飲むタイプのミノキシジルは内服薬ということもあって、その成分が全身に行き渡り、僕たちの体に思わぬ影響を及ぼします。

(さらに…)

AGA治療の悩み「体毛が濃くなる」「薬を飲み始めたら止められない」

フィナステリドやミノキシジルの薬を服用してAGAの進行を抑えているという事実を知っている人は、身の回りには誰もいません。

僕ひとりだけの秘密です。

ヘアークリニック通院時は先生に問診してもらっていたので、クリニックの先生と受付の事務スタッフの2名は僕のことを知っていましたが、通院しなくなって数年が経過しているので、改めてカルテなどをチェックしない限りは僕のことを思い出すこともなければ、街中ですれ違っても気づくことはないでしょう。

あとはFinpecia(フィナステリド成分が含まれた錠剤)とNoxidil Forte Tablets(ミノキシジル成分が含まれた錠剤)を購入しているオオサカ堂のシステム上に保存されている僕の個人情報をみることができるかたも、AGAの進行を抑えているんだなということが分かると思いますが、あくまでも文字だけの個人情報であるため顔バレする可能性はありません。

このように、僕がAGAの治療をしているということは今のところ誰もいません。

ただ、ミノタブを飲み始めると髪の毛以外の毛という毛が濃くなりますので、僕と同じように薬を服用している人からすれば体毛の変化に気づき「あれ、この人もしかしたらミノタブを飲んでる?」と直感的に気づく可能性はゼロではありません。

そんなわけで、僕はAGAの治療のための薬を服用しているということを誰にも明かしていないため、その秘密を抱えることによるわずかながらのストレスが常につきまといます。

カツラと違って誤って取れてハゲがバレるというアクシデントはないので、突然のハゲ発覚という事態には至りませんが、長年薬を飲み続けることで体に耐性ができてしまって、症状が再び進行しだすという恐れはつねにあります。

また、ミノキシジルやフィナステリドは摂取を止めると髪の毛が一気に抜けるなんていうブログ記事を目にしたことがあるため、いちど飲み始めたら途中で止められないというジレンマもありますね。

そんなわけで、AGA治療における僕の悩みは、体毛が濃くなるという点と薬を飲み始めたら止められないということです。

あのとき僕はハゲかかっていた

3年8ヶ月前、僕は頭髪が薄くなってきているのではないかと強く思うようになりました。

40歳を少し先に控え、いよいよ僕もハゲの仲間入りをしなければならないのかと、諦めの帰路に立っていました。

AGA治療のクリニックへ通院

ただなにもしないで諦めるのも嫌だなと思い、たまたまインターネットで見つけたAGA治療のヘアークリニックに通ってみることにしたのです。

クリニックではAGAの治療を専門に行っていて、これまでの治療実績なども見せていただき、薬にどのような効能があり、どういう効果が期待できるのかといった説明を受けました。

毎月の費用は1万5千円と安くはありませんでしたが、右も左もわからない状況で孤軍奮闘するよりも、経験豊富な医師のアドバイスのもと治療できたのは、安心感がありました。

フィナステリドとミノキシジルで復活

AGA治療の効果もてきめんで、初期脱毛はそれなりにありましたが、髪の毛のボリュームは徐々に増えていき、M字部分にはあまり効果はなかったものの、全体的に満足のいく状態まで復活することができました。

その後も数ヶ月くらい通院を続けていたのですが、毎回頭髪の撮影をして薬を処方してもらうだけでしたので、これだったら薬を安く買える海外通販代行会社から購入した方が安上がりなんじゃないだろうかと思い始めました。

フィナとミノタブを通販で定期的に購入開始

インターネット上にもそのような方が大勢おられるようで、長年そういう形式で薬を服用されている方のブログ記事を色々と調べさせてもらったところ、現在も現状維持できているということでしたので、それなら僕もやってみようということに決めました。

通っていたクリニックへは薬を通販で注文したあとは行かなくなりました。

そして現在、僕の髪の毛はなんとか現状維持を保っています。

 

もはや今の髪の毛が自力で生えているものなのか、薬の効果で維持しているものなのかは分かりません。それを確かめるためには薬の服用を止める必要があるため怖くてできません。

そんなわけで、このブログでは僕のAGAについての思い出や、AGAについての基礎知識や薬の説明などを紹介していきたいと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ